2012年12月04日

◇離乳食食材/ゆでたまご(レンジでらくチン)


卵は、牛乳と並んで一番アレルギーが心配だった食材。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為に、
そして一緒に卵を食べたい将来の為にと思い
必要以上に摂らないよう、
大好きな卵を食べ過ぎないように我慢してきた。


卵アレルギーになってしまう原因がそのことだけ
ではないけれど・・・
少しでも原因となりそうなことが排除できたら、
と考えてのこと。


卵は、パンなどの加工品にも含まれていたり
お肉のつなぎなど、料理の材料としてもよく使う食材で
意識しないうちに摂取していることも多いので。

たまごそのままで食べるのは半分にしたりと、
適量を守り、自分で判断して控えてきた。



そして、いざ息子の離乳食。
最初に与えるのは、卵黄だから大丈夫だろう
とは思いつつも不安があった。

結果、息子にアレルギーは無く
その後しばらく経ってから与えた卵白に関しても
問題なかった。




そして、我が家でゆで卵を作る時には
こちらの電子レンジグッズを使っている。


【エッグボイラー】電子レンジでゆで卵【和平フレイズ】レンジでらくチン ゆでたまご3個用


持っているのは、これの旧タイプだけれど・・・
息子が生まれる4〜5年前から使っていて、今も現役!


お水を入れて、卵を乗せて、電子レンジに入れて加熱するだけ!

コレを買ってからは、お鍋でゆでたまごは作ったことがない。
火加減を気にすることなく、失敗なく作れるので本当に便利。

夫も卵が大好きで、特にゆでたまごが大好き。
我が家では頻繁にゆでたまごを作るので、大活躍している!


自宅の電子レンジとの相性、時間を把握できれば
半熟もかたゆでも思いどおりに作れるので
用途に合わせて時間を調節しながら、使っている。

普段は、我が家の電子レンジにて 卵3個
600w 8分半でちょうどいい半熟卵が出来上がる。

離乳食に利用する時には、
長めの12分で、しっかり固い卵を作っていた。



息子の離乳食用のゆで卵作りにも大活躍だった
このグッズ。

普段は、半熟好みの夫だけれど
息子のゆでたまご用に作る時には、固ゆで仕様で我慢してもらい
食べるついでに息子用を分けてもらったりして
離乳食に利用していた。

お湯を沸かしたり、火加減の管理をする手間がなく
本当に便利に使える。

普段はもちろん、
離乳食作りにも、とても助かったアイテムだった。





posted by あちゃ at 12:47 | 離乳食食材

2012年11月29日

◇離乳食食材/高野豆腐(粉末トーフミール)


粉末こうや豆腐の「 トーフミール 」

DSC05237-koya.JPG

栄養価が高くて、離乳食に便利な食材の高野豆腐。
上の娘の離乳食でも使っていたけれど、
その都度すり下ろすのが面倒だった。

これは、高野豆腐が粉末状になっているので
そのまますぐに使えてとっても便利!


コープの冷凍食材を注文する時に
カタログで見付けて購入してみたのだけど、
手間が省けて、とても助かった商品の一つ。

袋はジッパー付きで、保存に便利。
離乳食以外にも、卵料理など幅広く使えるとのこと。

1袋準備しておいて損はない! 
便利食材だった。



* 高野豆腐 初登場
離乳食中期(46日目)高野豆腐 (→*


【 生協の宅配で食材注文! の記事は コチラ





生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」



posted by あちゃ at 15:30 | 離乳食食材
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。